分析科学とは

あなたのまわりのすべてのモノが「化学」です。

物質を分析することは、バイオ・化学・環境・医療・生活のすべての基本です。
分析化学は地球に存在する物質(モノ)の中に
どこに」「なにが」「どれだけ」「どのように」「あるのか」を
さまざまな分析方法を使って明らかにしていくことです。

img

ビール戦争の裏側で頑張っています。

かわいたノドに泡の刺激がたまらないビール。「生だ」「ドライだ」とビールメーカーは激烈な競争をしています。ビールの中に含まれる何がおいしさをつくるのか、このホップを使うと味がどう変わるのか。分析化学者が調べあげたデータがうまいビールづくりの出発点です。

img

ファンデもリップも私が調べます。

きれいになろうと思ってつけた化粧品で肌が荒れては大変。安全性のチェックは、化粧品メーカーにとっても重要なプロセスの一つです。微妙な色を出す原料の組み合わせを探しだすのも分析化学者の仕事です。

img

安全でおいしい水はどこだ!

蒸留水には味がありません。水に「うまい・まずい」があるのは、いろんな成分を含んでいるからです。ミネラルウォーターの味の秘密は、成分とその割合。分析化学者がおいしさを追求します。一方、水道の水も浄化のプロセスで何度も分析されています。発ガン性物質は含まれていないか、といったことも調べるのです。

img

成分を調べて、温泉を作り出したのは私です。

あっちの温泉は腰痛に、こっちの湯はリウマチに。温泉へ出かけると、いろんな効能がかかげてあります。それを調べるのは分析化学者。このごろは、「うちのお風呂に溶かすだけでたちまち○○温泉にはやがわり」なんていう「温泉の素」も売ってます。開発には、当然、分析化学者が力を貸しました。

img

地球を守るために働いています。

空には煙、川には排水。いらなくなったモノが工場から毎日たくさん出ています。煙や排水に基準以上の有害物が含まれていないか、分析化学者が工場の中から見張っています。企業側ではなく地方自治体のスタッフとして環境を監視する専門家も分析化学者です。

img

ちゃんと確かめてるからしゃぶっても安心ですよ。

手に触れるものはなんでも口にいれてしまう赤ちゃん。もしも、おもちゃから有害物質がしみだしてきたら。そんなことのないように、原料を確かめ製品を検査します。

img

世界中どこで食べても同じおいしさでしょ。

ハンバーガーやフライドチキンといったファーストフードは、大きな工場で半完成品にしてからお店に運びます。お店で使う油や調味料もぜんぶ同じ。だから、同じチェーンならどこで食べても同じ味。味を保つためにも品質を保つにも分析化学者の作ったデータが役立ちます。

img

小型化、大容量化はどこまで進化する?

より小さく、より大容量に。スマートフォンをはじめとする携帯端末の進化は留まることを知りません。初めて登場した携帯電話は、「しもしも~」のネタでもお馴染みの肩掛けタイプで、もはや携帯するのも困難なほど大きく、日常的に使用できる人は限られていました。しかし、時代とともに素材を検査したり、製造プロセスで使う薬品をテストしたり、分析化学者がその進化に大きく関わってきました。今ではコンパクトに携帯できる上に、いつでもどこでもインターネットに接続でき、音楽や写真まで多機能に楽しめるようになりました。